喫煙者は嘘つきという事実

喫煙している嘘つき

とにかく喫煙者は悪名高い嘘つきです。
自分自信にも嘘をつく。いやつかざるを得ないのです。

 

軽度の喫煙者といっても、そのほとんどは自分が認めるよりもずっと多くの場でずっと多くの本数を吸っています。
自分では「一日五本スモーカー」だと言いながら、私と話している最中だけで五本以上吸う人もたくさんいるのです。

とにかく軽度の喫煙者を羨ましがる必要なんてないことをよく覚えていおいてください。
そもそもタバコを吸う必要などないのです。タバコは幻想です。

 

人生はタバコなしでも素晴らしいだけでなく、なしの方が遥かに素晴らしいのです。

 

子供を守ってあげてください
十代の喫煙者は普通大人よりも厄介です。

 

それは彼らがやめるのを難しいと思っているからではなく、自分が中毒だと認めていないか、またはまだ自分は病気の初期段階にあると思っているので、第二ステージに達する前にやめられるだろうと錯覚しているからです。

 

子供を持つ親御さんで喫煙を嫌っている人達に特に注意したいのですが、「子供を守ること」の意味を取り違えないでください。
子供は皆、タバコの味も臭いも嫌います(将来それに依存するまでは)。
あなたも昔はそうだったでしょう。タバコが死の原因になることは子供も知っています。一本では死なないこともまた知っています。

 

しかし、ある時期が来ると、ガールフレンドやボーイフレンド、s同級生や仕事仲間に影響もされるでしょう。
そんなときは一本吸ってみればいいのです。それは酷い味がして、こんなものに中毒なんかにはならないとかかりますするでしょう。

 

子供には事実を隠さず、全て教えてあげてください!